お問い合わせ

Topicsトピックス

2006.07

アルミ向け大型無電解ニッケル設備(改造)着工 完工8月末

2mx1m 深さ3m 2槽 (7000L)

アルミニウムとは、私たちの身近な製品から、様々な産業分野にいたるまでに活躍のフィールドを広げています。 これは、アルミニウムが比重2.7と鉄や銅素材に比べ約1/3以下に軽量化することが可能であり、比強度が大きいため様々な構造材料として使用できるからです。 アルミニウム上へ無電解ニッケルめっきを施すことで、部品全体に渡って均一な膜厚で皮膜形成することが可能であり、めっき後の熱処理をすることにより、 ビッカース硬度を約HV800まで上昇させる事が可能となります。 そこで、現在では大型なアルミニウム構造体への無電解ニッケルめっき処理が要望されており、弊社ではそれに応えるためにアルミ専用の大型無電解ニッケルめっきラインの 工事に着手いたしました。 工事は、8月下旬に完了予定となっており、完成すると2m×1m、深さ方向に3mのめっき槽を有するラインとなります。 今後、大型アルミ製品へのめっきを考えておられるお客様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。


引張圧縮試験機を購入

今田製作所製の引張圧縮強度試験機を購入いたしました。 この試験機を使う事により、金属・プラスチック・セラミックなどの各種素材に対する、 めっき皮膜の密着強度を測定する事が可能となります。治具を選択することにより、引張・圧縮・折曲・剥離などの各種強度試験が出来る万能引張圧縮試験機です。 剥離モードのよる密着強度試験を行う場合は、あらかじめご相談ください。


平成18年度かながわ中小企業モデル工場認定

神奈川県では、平成10年5月に神奈川県モデル工場協議会と、神奈川県標準工場協議会を統合し、かながわモデル工場協議会を発足しました。 かながわモデル工場協議会では、神奈川県内の中小企業の中から、取引及び雇用を通じて地域に貢献し、かながわのものづくりを支えるとともに、 経営環境の変化に即応できる柔軟な経営体制を持ち、積極的な技術開発を行うなど、他の中小机上の模範と認められる工場を指定し、 県内中小企業の活性化を図っています。
弊社では、連続4度目になるかながわ中小企業モデル工場の認定を受けました。今後も、モデル工場としての自覚を持ち健全たる企業活動を行っていきます。


クラブ活動

野球部の活動として、7月1日に川崎市大師公園の野球場を借りて同じめっき組合の仲間と試合を行いました。天気予報では、雨との予報でしたが、試合が終了するまでお天気の方も持ち、皆リフレッシュできたようです。


pagetop