お問い合わせ

Serviceアルミへの大型無電解ニッケルメッキ

アルミへの大型無電解ニッケルメッキ

アルミへの大型無電解ニッケルメッキ

アルミへの大型無電解ニッケルメッキ

アルミニウムとは、私たちの身近な製品から、様々な産業分野にいたるまでに活躍のフィールドを広げています。
これは、アルミニウムが比重2.7と鉄や銅素材に比べ約1/3以下に 軽量化することが可能であり、比強度が大きいため様々な構造材料 として使用できるからです。
アルミニウム上へ無電解ニッケルめっきを施すことで、部品全体に 渡って均一な膜厚で皮膜形成することが可能であり、めっき後の 熱処理をすることにより、ビッカース硬度を約HV800まで上昇 させる事が可能となります。
そこで、現在では大型なアルミニウム構造体への無電解ニッケル めっき処理が要望されており、弊社ではそれに応えるために アルミ専用の大型無電解ニッケルめっきラインを用意いたしました。
このラインには、槽寸法2,000×1000 mm、深さ3,000 mmのめっき槽 を2槽有しており、最大有効寸法1,800×950×2,500 mmのアルミ製品 にめっきをすることが可能となります。
アルミ材料へのめっきをご要望されているお客様は是非ご相談ください。

アルミへの無電解ニッケルメッキ

アルミへの無電解ニッケルメッキ

近年の半導体製造装置・液晶製造装置の大型化に伴い、従来での設備では対応が難しくなってまいりました。
そこで弊社でもアルミ上の 無電解ニッケルめっき槽の拡大化を行い、現在では有効寸法:1200mm×1100mm×500mmサイズの製品も処理できる設備を新設いたしました。
アルミニウムは酸化皮膜が生じやすく直接めっきすることが困難です。
アルミニウムへのめっきはダブルジンケート処理を用いることにより、密着性を得ることができます。
また、めっきにより、耐食性・高級感・硬度など多彩な機能性を持たせることができます。



pagetop