お問い合わせ

Faqよくある質問

よくある質問

Q.無電解ニッケルめっきは一般にどんな形状にも均一につきますか?
A.無電解ニッケルめっきは、図のように下地素材の形状にならって、成長します。
よって、どこを測定しても、同じ膜厚になります。
img_faq
Q.無電解ニッケルめっき皮膜を硬化することができますか?
A.当社の皮膜は、めっき直後でビッカース硬度500Hvを有しています。
さらに、熱処理を加える事により、最大で硬度を900Hvまで上げることが可能です。
しかし、硬度を変化させると皮膜の磁性が変化しますので、予めご相談ください。
Q.熱処理をすることによって、めっき膜厚の変化はありますか?
A.熱処理の結果で、めっき膜厚が変化する事はありません。
Q.めっき皮膜の耐食性について教えてください。
A.一般的に無電解ニッケルめっきは耐食性に優れているといわれます。
しかし、5~8μmの無電解ニッケルめっきを施した製品を塩水噴霧試験などにかけると、鋭い端部から欠陥が現れることがあります。
これは、無電解ニッケル皮膜にクラックなどの欠陥がある場合に起こる問題です。耐食性を向上させるのであれば、充分なめっき膜厚が必要となります。めっき膜厚については、担当者にご相談ください。
Q.無電解ニッケルめっきを剥離する事はできますか?
A.弊社では、他社のめっきメーカーでめっきされた製品についての剥離をしておりません。
それは、各メッキメーカーにより、その処理が異なるためです。弊社でめっき処理をおこなった製品で、剥離が可能な素材は、SUS、鉄製品に限らせていただきます。
銅・真鍮については、剥離処理ができません。また、セラミックス材料に関しては、耐薬品性の問題等がありますので、あらかじめご相談ください。
Q.黒色のめっき皮膜を得る事ができますか?
A.弊社でも黒色めっきはおこなっています。
しかし、弊社の黒色めっきは、めっき皮膜を合金化することで得られる干渉色の黒色です。遮光性等はありません。
Q.どんな素材にめっきが出来ますか?
A.弊社でめっき可能な素材は、鉄、SUS、銅・真鍮製品、アルミニウム材料、およびセラミック・ガラス材料になります。
ただし、セラミックスはメーカーや種類によって処理が異なりますので、予めご相談ください。
Q.硬質クロムめっきは可能ですか?
A.弊社にも硬質クロムめっきはあります。
しかし、このラインはエンジンシリンダーの専用ラインとなっており、その他の製品についてはめっきする事が出来ません。ご了承ください。
Q.どんな形状の製品もめっきが出来るのですか?
A.めっき可能有効寸法については、「材料別めっき可能最大寸法一覧」の表をご参考ください。
形状については、未めっき部の発生しやすい形状があります。製造担当者へご相談ください。
Q.最大膜厚は何μmまで対応可能ですか?
A.製品のサイズによっても異なりますが、弊社では最大200μmまでの無電解ニッケルめっき処理に実績があります。
Q.新規素材に関してのめっき処理は可能ですか?
A.お客さまにご協力を頂き、研究開発をすすめております。
弊社では、大学・研究機関と共に新素材・難素材に常にチャレンジを続けております。
Q.RoHS規制には対応していますか?
A.弊社は早くより環境対応しており、規制に適合するめっき皮膜をご提供しております。
また、近年では著しく変化する規制にもいち早く対応出来るよう、常に準備を行っております。


pagetop